ニホンtoセカイ

豪米と留学して結局日本で米大学の授業を取って苦戦中の人のブログ。

【ブログ】僕のフランス人の友達がした7つのありえない行動と僕がそこから学んだこと

はじめに

僕が留学中、フランス人の留学生(アーサー)が来てから彼とサッカーをしたりゲームをしたりして共に時間を過ごしました。今回は僕がアーサーといる時に彼がした驚きの行動を紹介します。全部本当です...マジです

彼との経緯なとは記事最後に書きます!

1.授業中に映画を見る

fred-and-the-theater 基本パソコンで自分の作業をするのでパソコンは机の上に出しています。みんな授業が始まると自分たちの課題をやり始めるのですが、アーサーは、毎回映画を見ています。しかも、みんなが集中しているのに『Hahaha』と笑うんです笑。そりゃ先生も気づいて注意しますが『この映画は英語だから、英語の勉強しているんです』となんとも無理矢理な理由をつけます。しかも、それで押し通して映画を見続けるからすごい!!笑

2.無理矢理自由時間を作る

free-time-3

留学生には関係のない授業もあり、僕は参加していたんですが、アーサーが『こんなのやっても無駄じゃね?』って言い出して、先生のとこに行きました....なんとその時間を自由時間にしてくれないかと交渉していました笑。結果、僕たち留学生は、毎週2時間サッカーをする時間ができました。笑

3.人の家のみかんを食べる

gleaning-480x360 スクールバスに向かっていると、僕たちはみかんの木がある家を通り過ぎました。すると、勝手にみかんを3つくらいとって食べ始めるアーサー..僕は『人んちのじゃね!?』と言ったのですが、なんとびっくり彼は『みかんはもうすぐシーズンが終わるからあんなにあっても持ち主は食べきれないだろう』と言い返してきました。笑 僕は『うん...そっか』と返して一緒にみかんを食べ初めました。

4.変なタイミングでキレる

college_freak_out-480x280 理科の実験で紙をカエルの形に切っていて、切った残骸が机の上に溜まったのでまとめて置いておくと『捨ててこい!』とアーサーが言いました。『後でね』と僕が言うと『今すぐ』とアーサー。結構ガチめに言ってきたので捨てにいきました。なんであそこでキレたのか....

5.学校休んでバイトしてた

0-reasons-your-part-time-job-at-the-restaurant-was-the-best-job-ever 学校を3日間くらい休んでいたアーサー。何してたの?と聞くと、『バイト。2万も稼いだぜ!』なんて言っていました。なんで、学校休んでバイトだよ笑。と思いながら『おごってやるよ』と言ってきたので、僕は『コーラとポテチ買ってくださいm(___)m』と一言。

6.落ちてるキノコ食べる

eating-sopp-profile 一緒にゴルフをしていた時の話なのですが(なぜか学校休んでました笑)。ゴルフ上に落ちている白いキノコを見て、ぱくっ、『食べれるよ』と彼は言いました。黙って僕もキノコを口に入れましたがめちゃくちゃまずかったです。(柔らかくした消しゴムみたいだった)

7.すべては彼の思い通り

dominate-your-market-niche-workshop

彼はなかなかのやり手でした。授業の時も、ほぼ全てにおいてうまく理由をつけて、自分の思い通りにしていました。先生が反対してきても物怖じせずに結構ガンガン攻めてました笑。

最後に

彼と一緒にいて学んだことは"たいていのことは理由をつければ自分の好きなようになる"ということです。一見これは自分勝手な人と思うかもしれませんが、実際はかなり実用的な生き方です。無駄な時間を自分の好きなように使えるようになる可能性があるかもしれませんし、もしかしたら今よりも過ごしやすい環境を自分で作ることが出来るかもしれません。

環境のせいにするな!そんなの自分で変えちゃえばいいじゃん! by アーサー

これがフランス人かっ!!

ちなみに僕と彼の出会ったエピソードはこちらです

フランス人VS僕(日本人)

今回は僕が体験したちょっと面白い話を紹介しようと思います。これは僕がオーストラリアの高校にいる時の話です。新しく、フランスから留学生がやってきて、そこで起こったちょっと残念なストーリーです笑

当時僕は学校で唯一の外国人(留学生)でした。というかアジア人も僕以外にはいませんでした。というか僕が初めてのアジアからの留学生

僕は少しづつ学校になれてきていて友達も結構出来ていました。学校自体がすごい田舎にある学校だったので、同じ学年と一個下と一個上は全員知っていました。

そんなある日...数学の時間にみんなが先生と何か話していました。フランス...来週...というキーワードを聞いただけで僕は確信しました。『留学生が来る!』その時はとても楽しみでした。留学生は僕一人のため悩みや相談をする人は限られていたし、フランスから留学生が来るなんてなんだかたのしそうと思っていました。

なんとその学校で同時に2人留学生がいたことはなかったらしく今回が初めてだそうで、先生達もとても期待しているようでした。

初対面

次の週になりホームルームがあるので朝教室へ行くと、早速知らない顔を発見(ちょっとクリロナみたい...)。

なんとホームルームが同じだったのですが、そのあとすぐに選択教科が異なったようでどこか別の教室へ行ってしまいました。

休み時間になるとようやく話すチャンスが、ちょっとスペイン語なまりのような英語に聞こえて『フランス出身だよね?』と聞いたら、実はスペインからフランスへ移住したそうです。結構すぐに仲良くなり、初対面の休み時間でいきなり一緒にサッカーをしました。

ま、負けたわ

留学生が珍しいために1つ下の女史達が集まってきました。来ると同時に『私フランスに憧れているの〜』『フランスの◯○行ったことある?』と質問攻め笑。携帯の番号を教えたりしているところを見て僕は、『ま、負けた』と心の中で感じました笑。もしかしたら声に出していたかもしれません笑

自分の中では分かっていたつもりだけどああまで露骨にやられると、めちゃくちゃ敗北感を感じました笑

しかも、その女の子達は結構可愛い...

僕も日本人だということで結構もてはやされましたが....まあといっても僕によってくるのは、その学校では"オタク"とされている人達です。(僕は好きですよ)

実際僕もアニメオタクではないのですが、結構アートが好きだったりするので何となくオタクグループとは通じるものがある笑

フランス人。めちゃくちゃ良い奴だった

しかし、僕はだからといって彼を嫌いになるようなことはありませんでした。それより、彼がデスノートやナルトといったアニメが好きなことやサッカー好きとういたくさんの共通点が見つけられてすぐに仲良くなりました。

彼の泊まっている家に行って一緒にナルトをみたり、ゲームをしたり、ホッケー、サッカー、ゴルフもしました。めちゃくちゃ能天気で遊んでるとかなりたのしかったです。