ニホンtoセカイ

豪米と留学して結局日本で米大学の授業を取って苦戦中の人のブログ。

スマホ留学とは?実際に英語が喋れるようにはなるのか?料金や効果など徹底まとめ

最近では英語を勉強できるアプリもたくさん増えてスマホさえあれば簡単に英語が勉強できるようになりました。しかし、最近話題なのはスマホのアプリではなく、”スマホで留学”です。

 

f:id:Nick_Burns:20190728163935p:plain

今回はイングリッシュライフさん提供のサービススマホ留学について説明していきます。

スマホ留学とは

f:id:Nick_Burns:20190728162347j:plain

スマホ留学とはその名の通りスマホだけで英会話を学習する勉強メソッドです。スマホだけシンプルな単語だけインプットとアウトプット。この3つを軸にしているようです。

 

誰でも持っているスマホで学習することがなんともユニーク。時間や場所に縛られないことを売りにしているようです。

公式サイトによると...

イングリッシュライフの公式サイトのデータでは2016年11月から2018年5月までの無料受講者は70万人を超えていて途中退会率はなんと驚異の0.81%だそうです。

 

公式サイトのレビューを見るとかなり高評価が多く。というより批判的なレビューは1つも見つけられませんでした。

 

比較的に高齢の人が多く40代、50代の人のレビューが多いように思えました。それと、なぜかレビューの中の多くが受講途中の人のレビューでした。

 

90日とスマホ留学のプログラム満期を終えて書いたレビューはあまり見られませんでした。

一番気になる料金

これは公式には発表されていないのですがブログなどを参照させていただいたところ90日のプログラムで19万円ほどだそうです。

 

ちょっと僕には勇気のいる料金帯です。フィリピン留学だと丸々一か月くらい行けちゃう....。

サービスの内容

  • 毎日の動画
  • 10日に一回のフィードバック

基本的にはスマホに毎日動画が送られてくるのでそれを見て学習します。10日に1回のフィードバックがありそこで自分の苦手や得意などを知ることができます。

他にも....。

・24時間メール受付

・アクションプランメール

・交流会

・海外旅行トラブル英会話集

・オリンピックで使える英会話

・海外で恥をかかないための3大基本マナー

・知的な人に見える英会話術

・ビジネスメールの書き方テンプレート

・外国人が知りたい日本の文化シリーズ

・リアルセミナーにご招待

などがあります。かなり贅沢に見えますね。ね?

塩原先生

塩原先生はスマホ留学の創設者でYoutubeなどで広報的な活動もしています。なんかこの人の喋りには引き込まれてしまうんですよね。

 

しかしネットではいろいろこの人に向けて懐疑的な人が多いらしく関連検索ワードは結構荒れています。

 

しかしちゃんとした会社でこの人も愛想が良くて話が旨いのでいろんな動画を見てしまいましたw

スマホ留学でしゃべれる世になるのか

f:id:Nick_Burns:20190728162420j:plain

スマホ留学で実際にどのくらい英語が喋れるようになるのかは人のレベルにもよるし努力の量によっても変わります。

 

しかしスマホ留学のホームページでは「英語で言いたいことが言えるようになる!」スマホ留学。と書いてあるので喋れるようになるとは言っていませんあくまでも言いたいことが言えるが目標なのです。

 

喋るには言いたいことを言って相手の意見を聞きそれにまた返答を返すという行為なので、あくまでもスマホ留学では会話の前段階を目標としているのです。

 

キャッチボールだとしたらボールを相手に投げるところまで。相手の球は取ることができません。多分僕がそういう人のキャッチボール相手ならつまんなくて帰ってしまいそうです(笑)

 

だってボールは投げてくるけど僕が投げるボールは取ってくれないって楽しくなくないですか?

スマホ留学の返金対応について

返金対象となるものについて
サービス提供期間を実践し効果が得られない場合には、メールにてその旨をご連絡ください。
ワーク提出などの実践が認められる場合、教材購入時の価格を全額返金いたします。返金可能な期日について
例:レッスン終了後30日以内にご連絡があった場合に返金可能
返金方法について
例:メールにて返金要請してください。
30日以内に指定の口座へお振込いたします。
返金要求先アドレス:information★sumaho-ryugaku.com(★を@マークに変更してください。)

公式サイトより

一応返金には対応してくれているらしいです。効果が実感できないってのは完璧な主観でこれだと全員返金申請ができてしまうのでなにかしらの客観的証拠がもしかしたら必要かもしれません。

僕の”超”個人的な見解

スマホ留学はなんというかコンセプトが中途半端なような気がしました。スマホ留学では何を保証してくれるのか大々的に宣伝しないと正直ちょっと不安ですよね。

 

例えば、このくらいのお代をいただいてるんだから私たちは受講者様に海外旅行での英語の上達がこの程度実感していただけることを担保します!みたいな...。

 

多分スマホ留学で身につく英語は海外旅行などで一方的にこっちから意思を伝える場面で役立つものであり、ネイティブと楽しく会話。みたいなことをするためには圧倒的にアウトプットの機会が少なすぎると思います。

 

英語のフレーズを学びそれを一方的に伝えるというのは実際スマホ留学でなくても学べます。参考書を買って自学してもいいのです。

 

スマホ留学は絶対的な勉強法というよりは、決まったスケジュール、決まった期間で勉強のカリキュラムをもらいたい人には良いと思います。それでモチベーションを保ったりする人もいると思うので!

 

しかし学生の僕からするとちょっとお高いのでレビュー欄に少し年配の人が多かったのもちょっと納得です。お金がある人は全然好いプログラムだと思うのでいいと思います。

 

学生の人なら僕がやっているようにスカイプの英会話を授業してみたり、フィリピン留学に行ってみたりとそのくらいの予算だとたくさん選択肢があるのでスマホ留学の受講を考えている人は一度考え直してもいいと思います。

僕個人の英語学習に対する見解

f:id:Nick_Burns:20190728162441j:plain

ここからは完全にぼく個人の意見でイングリッシュライフさんのスマホ留学とは一切関係がありません。

 

僕は中学三年生で英検3級に落ちました。そこから勉強して高校3年生では準一級を取りました。高校卒業後5か月でTOEFL90、 TOEIC970点も取れて僕は成長を感じています。

 

けどたぶんそれは僕が英語に本気で取り組んできて努力を惜しまなかったからだと思います。いろんな外国人と話したりいろんな海外ドラマを見たりしました。

 

長い英語勉強の中いろんなタイプの日本人の英語学習者に出会ってきましたが結局は続ける力、自分から勉強する力がないと語学は伸びないのです。興味ないことを勉強したってすぐ忘れちゃいますよね?

 

僕は多く人は英語が喋れたらと理想を想像するのはとても上手なのですがそれをかなえるための小さなステップ(日常的に英語と触れる)を実行することは苦手なのかなと感じました。

 

つまり英語が喋れたらいいことはたくさんあるけど、そのために犠牲(時間、労力)を払うことは嫌という矛盾を抱えている人が多いと感じます。

 

僕が海外旅行に行くまえに家で勉強した教材を一つだけ絞り下にリンクを張っておきます。

[音声DL付]完全改訂版 起きてから寝るまで英語表現 700 起きてから寝るまでシリーズ

[音声DL付]完全改訂版 起きてから寝るまで英語表現 700 起きてから寝るまでシリーズ